Photo Gallery

人は生まれたとき   一息すって 背中版下

そして「おぎゃ~」と泣きながら息を吐く・・・吸って~吐いて~吸って吐いて~・・そして死ぬときは「ふ~」と息を吐いて生を終える。

生まれたときまず息を吸い・・・・最後に息を吐くその間 人は実に無造作に呼吸している。
この呼吸によって生かされているのに・・・・

「調身・調息・調心」という禅語があります。
これは、正しい姿勢を保ち、正しい呼吸法で坐禅を組めるようになれば、心身ともに整う、という意味です。

が、私はこれを「身体の調べ・息の調べ・心の調べ」と読んでみたいと思います。

ゆったり楽に座って…静かに鼻からす~と息を吸い、細~くなが~く息を吐く。

自分の体の隅々までの流れに意識をむける…
吸って~吐いて 吸って~吐いて  息が 調べを奏でながら全身をめぐる・・・

何回か呼吸を重ねるうち、呼吸が静かな安定したリズムになってくる。

乱れた心が落ち着き、全身を心地よい調べが包む


この世界のだれもがみんな一緒に呼吸をしている。

この一息がとてもありがたく思えてくる。

誰かにこの心地よい呼吸を贈りたくなる。

ありがとうございます。ありがとうございますという心の調べとともに

あなたへ♪♪









スポンサーサイト

WHAT'S NEW?